ドン・ケニン公式ホームページ(参議院議員:彼の人々を助けるために常に準備ができて)

活動報告

ドン・ケニンの神奈川県下での地元の活動の様子を、写真を中心に掲載しております。

地元活動

駅頭 二俣川駅

2014年07月18日 (金)

本日は相鉄線の二俣川駅におじゃまいたしました。

日頃お世話になっているボランティアの方にも駆けつけていただいたこともあり、
多くのビラを受け取っていただきました。

先日の駅頭でもお話しましたが、我々は反対ばかりを叫ぶ政党ではございません。
ましてや誰と組むかといった政局的なことにかまけるつもりもございません。
政党の目的は政策の実現、建設的な政策提言を行っていくことが大切だとお訴えいたしました。

さて、本日午後、新たな施策を記者発表いたします。
サービス業を中心とした生産性向上、賃金上昇のための30項目にわたる政策提言です。
どうぞご注目いただきますよう、よろしくお願いいたします。

駅頭 横浜駅西口

2014年07月08日 (火)

 

本日は横浜駅の西口で街頭活動を行いました。
横浜駅は久しぶりに立ちましたが、多くの方にお声がけいただき、ビラも受け取っていただきました。

さて、今回より新しく作成したビラをお配りしています。
内容につきましては当HPの「中西の目ヂカラ」にも掲載しました
「ゆうちょ銀行は株式売却前に5兆円程度の減資を行うべき!」をまとめたものになります。

先週の金曜日に浅尾代表と官邸を訪れ、菅官房長官に提言を行ったことから
本政策の内容、その意義を少しでも多くの方に知っていただきたいと思いお配りすることになりました。

駅でもお話しましたが、みんなの党は反対ばかり叫ぶ政党ではございません。
これからも賛成すべきは賛成し、それだけでなく新しい政策をどんどん提案していきます。

また、同時にお配りしましたビラは、神奈川県総支部のかわら版です。
来春の統一地方選挙に向けて一次公認を22人発表いたしました。
今後も県内各地でお配りしていきますのでぜひともお手にとっていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

6/8(日) 地引網大会

2014年06月09日 (月)

浅尾代表と塩坂神奈川県議会議員(藤沢市選出)共催による、毎年恒例の地引網大会に参加させていただきました。

先週末から続く悪天候で開催が危ぶまれましたが、無事開催することができました。
この天候にも関わらず多くの方がお集まりいただきましたこと、
みんなの党の一員として私からも御礼申し上げます。

毎年思うことですが、現役世代の若いご夫婦やお子様連れが多いのが目立ちました。
昨今、投票率の低下が取り沙汰されていますが
若い方々が気軽に参加し、政治家と接することができるイベントは非常に重要です。
このようなイベントが全国的に広がれば、みんなの党はもっと強くなれると思います。

来年は塩坂県議の当選報告の場となりますよう、私も尽力して参ります。

運営にあたられた皆さま、ご協力誠にありがとうございました。

 

5/24(土) くすのき県議バーベキュー大会

2014年05月26日 (月)

くすのきりえこ神奈川県議会議員(栄区選出)主催のバーベキュー大会にお招きいただきました。

くすのき県議が当選した直後から行っているこの会ですが、年々参加者が増え、
今年は100名を超える支援者の方々がお集まりになられました。

また、参加者の数もさることながら裏方で準備、運営にあたられている方々が居るからこそ
可能な催しだと思います。
このような方々を多く集められる、くすのき県議の3年間の活動は大変素晴らしいものであります。

統一地方選挙まで残り1年を切りました。
来年のこの会がくすのき県議の当選報告の会となるよう、私も力を注いで参ります。

5/18(日)東大五月祭「東大生よ、政治家を目指せ!?」

2014年05月19日 (月)

東大で毎年5月に行われますその名も「五月祭」にて、公益財団法人東京大学新聞社が企画されましたイベント
「東大生よ、政治家を目指せ!?」にパネラーとして登壇いたしました。

パネラーは私の他、元通産省官僚の内山融・東大教授、元朝日新聞記者の薬師寺克行・東洋大教授、
ファシリテーターは「若者と政治をつなぐ」をコンセプトに日々活動をされてる
NPO法人YouthCreate代表の原田謙介氏が務められました。
いずれも東大卒、政治に携わってきたキャリアをお持ちで、学生へメッセージを投げかけました。

私からは証券会社で長年勤務した経験から、世の中の多く人が買い手になる事柄はいずれ下火になる、
逆に人気が無く底を打っている物こそ、これから上がっていくとの観点から、
リスクを恐れず積極的に行動するよう若い学生諸氏へお話いたしました。

また、政治家を目指すなら学生時代の今ではなく、一度社会へ出て、成功体験を積み、自信を付けてから
チャレンジするようアドバイスいたしました。

原田氏から3者へ対する「有権者は政治家のどこを見たら良いのか」とういご質問には
国会でどれだけ仕事をしているのか、その指標となる議会での質問や質問主意書の回数や質に
注目していただくようお答えしましたが、
そうはいっても有権者にはこのような情報に触れる機会は少ないですから
内山教授から「議員の仕事を評価する第三者の機関」がもっと増えることが望ましい、
薬師寺教授からは「政党の政策をしっかり見よ」と同時に投票率を上げるためには
「大学での一般教養の質の向上が必要」とのご意見をいただきました。
内山教授は有権者も半年ぐらいで結論を求めるのではなく、もう少し我慢することが必要だろうとも仰いました。
いずれもごもっともなお話です。

聴講者の多くは学生であると同時に有権者でもありますので、
内容の濃いメッセージをお届けできたのではないかと思います。

ここから未来の政治家が排出されることを願っています。

5/10(土) みんなの党かながわ政治塾

2014年05月12日 (月)

第2回目となります「みんなの党かながわ政治塾」にて、講師を務めさせていただきました。

私の前歴から政治家を目指すに至った経緯や、浅尾代表の事務所で選挙戦に携わったこと、
横浜市長選挙での落選経験、そこから参議院選挙を目指し、2009年12月以降1日も休まず辻立ちをしたことなどこれまでの歩みをお話いたしました。

また、具体的な政策については集団的自衛権のお話をいたしました。
詳しくは「ExecutiveDay」での見解と同じですので
併せてご覧いただけましたら幸いです。
ExecutiveDay:http://l2day.info/local/13249

この度入塾された塾生の皆さまは、昨年来何かとお騒がせしている最中にそれでもお集まりなさった
高い問題意識と覚悟を持つ精鋭の候補者です。
私の体験やお話を必ずやご自身のこととして昇華されることを期待するとともに
総支部代表としてここから旅立つ候補者は全員当選という目標に向けて力を尽くして参ります。

4/26(土) ニコニコ超会議3@幕張メッセ

2014年04月28日 (月)

幕張メッセで開催されました「ニコニコ超会議3」にみんなの党が初出展いたしました。
定期的に配信されています「週刊みん生」を約10万人が訪れ約500万人が視聴する会場で生配信し、
私も出演させていただきました。

みんなの党は民間の活力が最大限に発揮される社会を目指していますが、
インターネットコンテンツやアニメ・漫画などはまさにその最たるもので、日本経済を活性化させると同時に、
海外の目を日本文化に向けさせる「文化力を活かした外交」、
いわゆるソフトパワー外交の重要なファクターにもなりつつあります。

現代日本のサブカルチャーの担い手が一堂に集まるこのイベントに、
私のみならず浅尾代表や水野幹事長、多くの地方議員が参加したことはとても意義深いのではないでしょうか。

多くの来場者や視聴者へ、和気藹々としたみんなの党の雰囲気の親しみやすさと
それでいて、その中で発信したみんなの党の政策実現に対する真摯さが同時に伝わったのならば幸いです。

4/19(土) 国政報告会“ExecutiveDay”

2014年04月21日 (月)

この度、国政報告会の特別企画「ExecutiveDay」を開催致しました。
外部から有識者をお招きし、特定のテーマについてお話をいただく勉強会方式という、私自身初めての試みでしたが、
多くの方にご来場いただき、質疑応答は予定の30分を超える時間を要すほど白熱し、大変盛況でした。

講師をお引き受けいただいた同志社大学学長の村田晃嗣先生は
安全保障政策や国際政治学のスペシャリストとして広く知られていますが、
その見識の深さに改めて感嘆させられるお話をいただきました。

基調講演では100年前の第1次世界大戦のお話から始まり、
戦後を経て日本の安全保障環境が大きく変遷したことに触れ、
毎年国防予算の2ケタ成長を続ける中国がアジア太平洋の安全を脅かしていることを念頭に
米国だけでなく、オーストラリア、中産階級の増加が著しい東南アジア、そして今は難しいかもしれないが韓国との連携を深め、
集団的自衛権の議論の必要性を説かれました。

第2部のトークセッションでは私から先生に質問をする形式をとり、
集団的自衛権という概念の歴史から、内閣法制局の解釈の妥当性について議論を交わしました。

私自身は1981年に内閣法制局が現在の解釈を定めて以来、国際環境は変わっているのに
集団的自衛権の解釈が変わっていないことで国益が守れないのであればそれは問題であると考えます。
最終的に憲法改正により自衛権についてしっかりと明記することは必要との考えですが、その前段階において、
憲法解釈の変更によって集団的自衛権の行使を容認することも可能であると考えます。
しかし、その場合は、解釈で一部のみを行使可能とするというやり方では、その時々の政権によって線引きが
変わるということにもなりかねず、行使できるのかできないのかという根本問題をしっかりと解釈で示すことが肝要と
考えています。
一方で、憲法との関連で、行使するための条件を政策判断としてしっかりと定めておく必要があり、それは
解釈で行うのではなく、自衛隊法や周辺事態法等の個別の法律の中でしっかりと定められていくことが
必要だと思っています。

現在みんなの党として集団的自衛権の議論を精力的に行っており、近いうちに党としての見解を発表することと
しています。

※トークセッションの動画を追加いたしました。
画質が低いため、画面が小さくなりますが村田先生とのやりとりをお聞きいただけましたら幸いです。

 

 

4/5(土) ひうら和明とゆかいな仲間たち

2014年04月07日 (月)

ひうら和明神奈川県議会議員(川崎市中原区選出)の県政報告会
「ひうら和明とゆかいな仲間たち」にお呼びいただき、ご挨拶申し上げました。

会のネーミングといい、バンドや芸人さんによる余興もありで、
ひうら県議の個性があふれる会となりました。

ご来場者は年齢も性別も問わず、幅広い層のかたがいらっしゃり、
ひうら県議のお人柄や日頃の活動がいかに実を結んでいるかが感じられました。

来年の統一地方選挙へ向け、私もひうら県議の活動に力を尽くして参ります。

4/5(土) みんなの党かながわ政治塾 開校

2014年04月07日 (月)

みんなの党かながわ政治塾が開校いたしました。
昨今のみんなの党におけます報道で世間をお騒がせしているなか、
かねてより申し込みいただいていた37名の同志が入塾いたしました。

わたくしも県総支部の代表として冒頭にご挨拶をさせていただき、
まず何よりもみんなの党全員が一丸となり、この局面を乗り切らなければならないことをお話いたしました。
この状況で入塾なさった覚悟のある塾生ですから、十二分にお分かりいただけたことと思います。

来年の統一地方選挙まで残された時間はわずかです。
皆さんこの時間を使ってしっかりと政策を磨いていただくようお願いを申しあげます。
ともに頑張っていきましょう!

このページのトップへ
best-cooler.reviews