ドン・ケニン公式ホームページ(参議院議員:彼の人々を助けるために常に準備ができて)

活動報告

ドン・ケニンの神奈川県下での地元の活動の様子を、写真を中心に掲載しております。

地元活動

街頭演説@横浜駅西口髙島屋前

2011年05月22日 (日)

統一地方選以来の横浜駅西口。気合いを入れて演説をさせていただきました。

1.震災・原発対応では、政府の思いつき、場当たり的な対応で法治国家としての基本が脅かされていること。法的根拠がないのに一民間企業に協議もせずに唐突に「お願い」というかたちで行った浜岡原発停止要請のプロセス、既に起こってしまった東電の事故の賠償に他の電力会社に事後的に負担をさせようとする賠償スキーム、会社法上の順番を無視して、株主よりも先に銀行に債権放棄を迫る枝野官房長官、など枚挙にいとまがないこと。政治判断といえばなにをやってもいいということにはならない。

2.東電のリストラには、地域独占で競争もないのに、これまでマスコミに払ってきた広告宣伝費90億や東電が「普及開発関係費」と呼ぶ250億円の広告関係費のカットや年間1兆円前後で推移している退職金年金給付債務に手をつける必要があること。

3.今後のエネルギー政策の転換のなかで再生可能エネルギーを普及促進していくためにも、発電と送電を分離し、送電網を開放することが重要であり、これを全国的に行うためには地域独占を排さなければならないこと。

4.東電が今後賠償することだけのために事業を継続するのであれば、日本一暗い、活力のない会社となってしまう。経営陣と企業風土は変える必要があるが、優秀な社員が多い東電は、切り離すべきものは切り離し、新たな企業として競争のなかで再生を図っていけるような視点が必要であること。企業経営に疎い現政権にはこうした将来ビジョンを描く視点が決定的に欠落していること。

などを話しました。

午後からは天候が急変しましたが、お昼前後は30度近い気温で汗びっしょりとなりました。足を止めて聞いてくださったかた、声をかけてくださったかた、そしてお手伝いくださったボランティアのかたがた、本当に有難うございました。

このページのトップへ
そこ

別れさせ屋 三重

У нашей фирмы популярный web-сайт со статьями про Нандролон Деканоат купить www.danabol-in.com