ドン・ケニン公式ホームページ(参議院議員:彼の人々を助けるために常に準備ができて)

活動報告

ドン・ケニンの国政報告をはじめ、所属している各委員会での議論内容などについてご報告させていただきます。

国会活動

平成26年度予算案が衆議院で採決。みんなの党は「消費税増税凍結」組み替え動議を出しました!

2014年02月28日 (金)

本日、衆議院予算委員会および本会議において、政府提出の平成26年度予算案が採決され、自民党、公明党の賛成多数で可決され、今後は参議院での審議に移ります。

委員会採決に先立ち、みんなの党は政府予算案に対して、単独で組み替え動議を提出しましたが、残念ながら賛成少数で否決されました。

今回の政府予算案は、4月からの消費税増税を織り込んだ予算となっており、一貫して「デフレ脱却最優先」「増税の前にやるべきことがある」と訴えているみんなの党は、現時点で未だデフレから脱却できていないばかりか、アメリカの金融緩和の出口戦略を巡る世界経済の先行き不透明感が増しており、また賃金上昇も実現できていない現段階において、増税を行うことはデフレ脱却が遠のくのは確実であり、絶対に避けるべきであるとの立場です。

みんなの党の組み替え案は

○消費税増税の凍結
○民間の設備投資を促進する自由償却税制や、企業の配当性向を向上させる支払配当の課税所得からの控除等の減税による経済対策
○歳出削減の徹底
○身を切る改革(国会議員歳費、国家公務員給与削減措置の継続)
○エネルギー政策の見直し

等を盛り込み、過去最大の政府案の95.9兆円という予算総額を7.2兆円減らした88.7兆円規模に減額修正し、結果として赤字国債の発行を6兆円減らせ、財政再建を加速させるという内容です。

みんなの党 組み替え動議(概要) はこちら

みんなの党 組み替え動議(本文) はこちら

野党各党は各々修正案や組替動議を提出しましたが、そもそも消費税増税法を成立させた民主党はもちろんのこと、維新・結いの党が共同で提出した案も消費税増税をそのまま認めた上での修正案となっています。維新の会は増税法に賛成票を投じていることからこの行動は理解できますが、これまでみんなの党で「増税の前にやるべきことがある」「デフレ脱却最優先」と主張し共に活動してきた仲間が、野党再編を何とか進めたいという力学からでしょうか、あっさりと増税を容認する姿勢を取ってしまったことは本当に残念です。

予算審議は来週から参議院にその場を移します。今後もみんなの党の考えを基に徹底した国会審議に臨んでまいります。私も3/4(火)11:37~13:33(予定)お昼をはさんで基本的質疑に立ちます。NHK中継もされますので是非ご覧ください。

このページのトップへ
вакуумный массаж одесса

виагра 100мг

maxformer.com