ドン・ケニン公式ホームページ(参議院議員:彼の人々を助けるために常に準備ができて)

活動報告

ドン・ケニンの神奈川県下での地元の活動の様子を、写真を中心に掲載しております。

地元活動

国会見学バスツアーのご案内(横浜市金沢区ご在住の方を対象とさせて頂きます)

2011年07月19日 (火)

 

日程:平成23年7月25日(月)

行程:

シーサイドライン金沢八景駅→金沢文庫駅西口キッツスポーツスクエア金沢文庫付近→能見台イトーヨーカドー付近

→シーサイドタウン並木ビアレヨコハマ本館出発→国会議事堂(見学.昼食)→警視庁交通管制センター見学

→解散(ご乗車同場所)※17時頃の解散を予定しています。

会費:4.000円

※7/21(木)または定員になり次第、締切りとさせて頂きます。

※尚、国会日程の事情により延期となる事がございますのでご了承ください。

集合時間&集合場所   

8:10  シーサイドライン金沢八景駅 セブンイレブン前      

8:20 金沢文庫駅西口側の キッツスポーツスクエア金沢文庫付近

8:35  能見台のイトーヨーカドー横 あらい歯科医院付

 8:45 シーサイドタウン並木の ビアレヨコハマ本館すき家前付近

ご参加希望の方は、必ずドン・ケニン事務所までご連絡ください。

お問合せ:参議院議員 ドン・ケニン事務所 TEL     担当:松崎

駅頭 関内駅南口

2011年07月15日 (金)

関内駅南口での駅頭活動。久坂誠治県議がみんなの党県議団会議の始まる前の時間に手伝いに来てくれました。

市庁舎が目の前にあり、また朝は電車を降りてくる人の数が多い駅ですから、ここではいつも政治家以外にも署名集めや

チラシ配りの人たちと鉢合わせして競合することになります。今朝もマンションの案内を配っている人たちと共存

しました。そんななかでもビラの受取りは良好で、横浜市の職員の方々にも多数受け取っていただきました。

 

明日から3連休というかたが多いと思います。

私は土曜日は娘二人がお世話になった学校の夏期寮の設営準備の手伝いで長野県に行ってきます。

日曜日はみんなの党の他の議員とともに山梨県の太陽光発電所の見学に行く予定です。

暑くなりそうですので、皆さん、くれぐれもご自愛ください。

国会見学

2011年07月14日 (木)

 

今日の午後は南足柄の保田建一郎市議の後援会の方々の国会見学でした。

4月の市議選では2度ほど応援に入りましたので、その時の顔見知りのかたも。

国会内を見学したあと、議事堂正面で写真を撮りましたが、あまりの暑さで皆さん大変そうでした。
議員会館に移動して、セブンイレブンで冷たいアイスや飲み物を購入して一息ついて頂いた後に、国政報告をさせていただきました。

駅頭 鶴見駅

2011年07月14日 (木)

鶴見駅西口デッキの上での駅頭活動。東口でやることが続いていましたので、西口では朝は久しぶり。

今日も真夏日のようですが、デッキ上は心地よい風が吹いていました。

大変多くのかたに「頑張れ!」とお声掛けいただき、思わず予定としていた時間を超過しました。

マイクを持たずにビラを配布すると、通行するかたとの直かの触れあいが増えるのがいいですね。

国会見学バスツアー

2011年07月11日 (月)

今日は横浜市神奈川区発着の国会見学バスツアー。これでバスツアーは8回目です。

神奈川区選出の軽部和夫県議、平野和之市議がアテンドしました。 

いつもは国会見学をして議員食堂で昼食をしたあと、午後は東証アローズに行くことが多いのですが、今回は夏休みが近く学校の社会科見学が少ないせいでしょうか、予約が難しい最高裁判所の見学がとれました。

最高裁は私も小学生の時以来足を踏み入れていなかったので、見学に同行させていただきました。
最高裁の建物内部はヨーロッパの教会を想起させる重厚なもので、司法の最終判断の重みをその雰囲気からして感じさせるものです。数々の憲法判断が行われた大法廷の傍聴席に座り、最高裁の実務の説明をうけました。そのなかで驚いたのは年間に最高裁に上告される係争の件数が1万1千件にのぼるということです。3つの小法廷で一日あたり40件程度を裁いているという計算になります。それぞれがどれくらいの時間がかけられているのか、調べてみようと思いますが、件数はちょっと多いのではないかという印象です。

しかし今日も暑かったですね。国会も最高裁も空調の設定温度を上げているので、建物内でも相当暑く感じたのではないかと思います。

ご参加くださった皆さん、お疲れさまでした。暑い中有難うございました。

次回は2週間後の7月25日に金沢区発着で行う予定です。夏休みに入っていますので、お子さんの参加も期待しているところです。午後の見学は警視庁交通管制センターを予定しています。 

駅頭 センター南駅

2011年07月10日 (日)

梅雨明け後の照りつける日差しの中、センター南駅前広場にて街宣活動をしました。

神奈川衆議院第7区(横浜市都筑区・港北区)の田中朝子支部長、宗像富次郎県議、望月高徳市議、豊田有希市議が勢ぞろいしました。田中朝子さんは8月生まれの「夏おんな」ということで暑さには人一倍強いようです。

私は連日の朝の街頭と厚木市議選の応援で、昨日は軽い熱中症かなと感じましたが、今日のセンター南は時折り心地よい風も吹いて、水とスポーツドリンクを小まめに補給しながら、なんの支障もなく街頭活動を行いました。でもこれだけ暑くなってきますと、さすがに日の高いうちに外出する人の数は減ってしまっているのでしょうね。活動の時間帯などを再考する必要がありそうです。

 

街頭 横浜駅西口高島屋前

2011年07月09日 (土)

昨年の参議院選挙からほぼ丸一年を迎える週末は、やはり横浜駅西口にしよう、ということで、暑い日差しのなか高島屋前で街頭演説を行いました。

今日はみんなの政治塾愛知、中西勇三重県議、兵庫の井坂信彦衆院支部長の事務所の方、みんなの政治塾一期生の横浜市議3名(大岩まさかず市議、篠原豪市議、豊田有希市議)が応援に来てくれ、暑い中でしたが、活気をもって街頭活動することができました。

今日もボランティアの方々に助けていただきました。有難うございます。
初心忘るべからず。精励してまいります。

 

駅頭 長津田駅

2011年07月08日 (金)

小雨がぱらつき、湿度の高い蒸し暑い朝、伊藤ひろたか横浜市議、城田学神奈川県議との長津田での駅頭活動。

江田憲司幹事長の選挙区であり、伊藤市議らがずっと継続して駅頭活動をしているので、ビラの受け取りは凄い勢いでした。用意していったビラ500枚が一時間足らずで早々にはけてしまいました。次回伺うときにはもっと沢山持ってこなければいけませんね。

長津田の駅頭活動のあとは厚木市議選の応援に入りました。本厚木駅前での街頭演説と、党のガラス張りの街宣車に乗り込んでの街宣活動。選挙戦も残すところあと一日です。

 

駅頭 センター北駅

2011年07月06日 (水)

今朝は横浜市都筑区のセンター北駅に立ちました。

直射日光の下ではありましたが、風が時折吹いていたので、まずまず過ごしやすい中での駅頭活動となりました。
といっても汗はしたたり落ち、ハンカチで汗を拭いながらでしたけれども。

センター北駅は目の前にマンションがあり、マイクで音を出すのは差し控えて、「おはようございます。」と挨拶しながらチラシを配ることに専念しました。挨拶を返して下さる方が大変多くて清々しい気持ちで駅立ちを終えました。

日曜日には厚木市議会議員選挙の投開票があります。みんなの党では3名公認候補者を立てています。
その応援も頑張らねば。 

「とびきり美味しいカレーを届け」隊

2011年07月05日 (火)

7/4。南相馬市原町へフランス料理シェフによる「とびっきり美味しいカレー」炊き出し隊が出発しました。前回二本松市でご好評いただいた企画。今回は友人や事務所の仲間が参加しますが、私は都合で参加できずお見送りをしました。

以下は、参加した事務所スタッフからの報告です。

5/9に続いての参加、今回は南相馬市です。地震や津波の被害に加えて、原子力発電所事故によって避難せざるを得なくなっている浪江町や双葉町などの警戒区域(半径20キロ以内)の方々が避難している中学校、小学校の2ケ所で時間をずらして実施しました。ここは福島第一原子力発電所から約30キロぐらいのところにある避難所です。

最も近いインターチェンジは常磐富岡ICでしたが、常磐道が一部通行止めになっているので、東北自動車道の福島西ICから2時間ほどかけて、一般道で南相馬市に向かいましたが、途中ホットスポット地域とされる飯館村を通過しました。ホットスポット地域とは周辺に比べて特に放射線量が高い地域であり、計画避難地域に指定されています。

飯館村に入った途端、持参していった腕時計式のガイガーカウンター(放射線量計量器)のアラーム音が鳴りだし、数値を確認したところ、最高では毎時1.82マイクロシーベルトまで一気に上がりました。例えば同じ時間帯の神奈川県川崎市では0.04マイクロシーベルトでしたし、この放射線量を1年間浴び続けると、1日24時間、1年は365日ですので、各々をかけ合わせると、約16ミリシーベルト(1ミリシーベルト=1000マイクロシーベルト)になり、一般人に許容されるとされる一つの目安が20ミリシーベルトですので、いかに放射線の数値が高いかがお分かりになるかと思います。

目に見えない放射線との闘いは精神的にも一段と厳しいですね。

  

さて、炊き出しは原町第二中学校と原町第一小学校で行いました。避難者の数は各々150名、100名で、中学校は校舎が避難所になっていて、食堂は2階、カレーのあたためは4階の理科室をお借りしました。たくさんの方たちのお越しいただき、「おいしい、おいしい」と何度もおっしゃって頂きました。

  

2ケ所めの小学校は体育館が避難所になっていました。この体育館は完成直後でまだ落成式も行っていないそうで、避難所が最初の利用になってしまったそうです。体育館が避難所となっている小学校では、食堂とか団らんスペースといった独立したスペースがないために、みなさんが各々自分のスペースのところに食事を持って行って食べるという状態でした。
また体育館の中に100名もの方がいらっしゃり、大型の扇風機を何台か回しているものの、蒸し暑さが凌げるには程遠い状態で、すでに避難してから3ケ月半が経過して、生活が改善されるどころか、むしろ夏場を迎え一層厳しくなっていることに対して、みなさん本当に疲れ切った雰囲気がひしひしと伝わってきました。

     

今回の各々のシェフが気持ちを込めた「とびっきり美味しいカレー」は、「ゴロゴロ野菜のシーフードカレー」「絶品!ビーフカレー」「まろやか ひき肉カレー」の3つ。中には3日間も時間をかけて熟成させたシェフもいらっしゃいました。カレーのみならず、今回も有機野菜のピクルス、デザートには焼き菓子、加えて普段なかなか飲めないというお茶のペットボトル、中学校ではちょっとの量ではありますがビールも用意しました。

  

今回は少しでも被災者の方に喜んでいただこうと、上海万博でも歌を披露された歌手の礼奈さんのミニコンサート、7月生まれの方へのケーキのプレゼントなどの企画も行いました。
配膳などで被災地の皆さんにお手伝い頂き、はじめは固かった被災者の皆様の表情がどんどん笑顔に変わっていくのに触れさせて頂き、本当に来てよかったとの思いを強くしました。

   

被災者の皆様からの勧めもあり、避難所から車で3分ほど海側に行った津波の被害地を見てから帰路に着きましたが、一瞬で家から田畑までを飲み込む津波の脅威を目の当たりにし、あらためて一刻も早い復旧・復興の必要性を強く感じました。

  

 

このページのトップへ
progressive.ua

https://best-cooler.reviews

http://salon-svadebny.com.ua/