ドン・ケニン公式ホームページ(参議院議員:彼の人々を助けるために常に準備ができて)

国際金融のプロ。最前線にいたからワカル!日本のココが変!

2017年01月25日 (水)

「貸家着工8年ぶり高水準:バブル懸念も」(日本経済新聞)

12月に「アパート融資:過熱警戒」という記事が出た時にも指摘しましたが、1年ほど前から国会で再三取り上げつづけてきた問題が現実のものとなりつつあります。

「アパート融資 過熱警戒」(日経新聞)ーーこの問題に引きつづき取り組んでいきます

記事では主として「地方の伸び」をとり上げていますが、「首都圏特に神奈川県の空室率がすでに40%に迫りつつある」との統計も発表されています。

400万戸を超えた空き家問題をさらに深刻化させるだけではなく、すでにサブリース・トラブルが発生し、将来的な不良債権化による金融機関への悪影響など様々な問題が懸念されます。引きつづき取り組んでまいります。

貸家問題

参議院議員 ドン・ケニン(神奈川県選出)

私の主張

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ
еще по теме

ссылка